〒755-0031山口県宇部市常盤町2-1-44

初診予約はこちら
電話番号0836-21-2373
JR宇部線「琴芝駅」徒歩4分

避妊リング l 宇部市の産婦人科・婦人科|望まない妊娠を回避

ホーム院長紹介医院案内設備紹介交通アクセス

避妊リング

初診予約はこちら
 
プラセンタ療法 Dr.法子の相談室 求人案内 プラセンタ化粧品サプリメント スタジオメニュー 針間産婦人科ブログ
Mobile Site
ホーム»  避妊リング

避妊リング

子宮内黄体ホルモン放出システム ミレーナ®52mg

ミレーナ®52mgとは

ミレーナ®52mg

ミレーナ52mgは、黄体ホルモンを子宮の中に持続的に放出する子宮内システム(IUS:Intrauterine System)です。
通称”リング”と呼ばれるものの1つで、子宮内に入れるものです。
ミレーナには黄体ホルモンが付加されていることが特徴で、高い避妊効果と1度挿入すると最長5年間という長期にわたる避妊効果が得られます。
ピル(卵胞ホルモンと黄体ホルモンの合剤)と違い黄体ホルモンのみが付加されていることから、血栓症のリスクが上がりません。
このため、血栓症のリスクがあってピルの服用に注意が必要、または服用が困難な方(30代後半~40代、肥満女性、喫煙者)にはミレーナをお勧めします。

ミレーナが適している女性
  • これからの妊娠を希望されていない避妊目的の方
  • 月経の量が多く、貧血になる方
  • 月経困難症の方
  • 次の出産までに期間をあけたい方
  • ピルの服用が適してない方

 

過多月経・月経困難症の治療効果

ミレーナ52mgから放出される黄体ホルモン(レボノゲストレル)は、子宮内膜の増殖を抑える働きがあるため、内膜は薄い状態となり、月経量を減少されるとともに月経痛を軽くします。

子宮内膜の変化
子宮内膜の変化

子宮内膜を薄くなることにより、経血量を減らし、月経痛を軽くする効果があることから
『過多月経』『月経困難症』の場合、保険適応になります。

 

避妊効果

※ミレーナ52mgを避妊のために使用する場合には、保険は適用されません

ミレーナ52mgから放出される黄体ホルモン(レボノルゲストレル)は、子宮内膜の増殖を抑える働きがあるため、内膜は薄い状態となり、妊娠の成立(受精卵の着床)を妨げたり、子宮の入り口の粘液を変化させて精子が膣の中から子宮内に侵入するのを妨げたりすることで避妊効果を発揮します。

子宮内に装着されたミレーナ52mg
子宮内に装着されたミレーナ52mg

ミレーナ52mgは100%妊娠が防げるわけではありませんが、
コンドームや膣外射精に比べて、ピルと同様、非常に高い避妊効果があります。
1年間に妊娠する確率は約500人に1人です。

 

過多月経とは?

他の人と比べて経血量が多いか、少ないかというのはわかりにくいものです。
最も多い日でもナプキンを2時間おきにかえるくらいが一般的のようですが、これに対し、経血量が非常に多く、ふだんの生活に支障をきたすような場合を「過多月経」といいます。
過多月経には原因となる子宮などの病気がある場合と、原因となる病気がなく、体内もホルモンや血液の状態が影響している場合とがあります。

こんな症状、ありませんか?

ナプキンが1時間もたないほど経血量が多い、経血のなかにレバーのような血のかたまりがある、などの症状がある場合は「過多月経」がうたがわれます。
過多月経になると経血量が多くなるため「鉄欠乏性貧血」をともなうことが多く、めまいや立ちくらみ、疲れやすいなどの症状があらわれます。

鉄欠乏性貧血とは

体内の鉄が不足し、全身に酸素を運ぶヘモグロビン(赤血球に含まれる血色素)が十分に作られないことにより生じる日常最もよくみられる貧血です。
月経による定期的な出血で鉄が不足しがちな女性に多くみられます。
この貧血はゆっくり進行するため、貧血状態になれてしまい、症状が自覚しにくいので注意しましょう。

 

月経困難症とは?

生理痛がひどくて起きていられないようになり、学校や仕事に行けなくなったり、日常生活に支障をきたしたりする場合を月経困難症といいます。
おもな症状は、生理中の下腹部痛、腰痛、背中の痛み、頭痛、吐き気などですが、便秘や下痢、寒気や発熱、貧血を伴うことや、生理の量や期間に異常を感じる場合もあります。
月経困難症には原因となる病気のない「機能性月経困難症」と、子宮などの病気が原因となっている「器質性月経困難症」があります。

 

ミレーナの挿入方法

ミレーナは、月経開始後7日以内に挿入します。出血量の減ってくる、5~7日目をおすすめします。
御予約の場合、月経が始まったらすぐにお電話下さい。

 

ミレーナ挿入後

ミレーナを挿入して1ヵ月後、エコー検査にて位置を確認いたしますので、ご来院していただきます。
その後は、3ヶ月~半年後、1年後と、ミレーナの位置を確認しましょう。

 

ミレーナの副作用

ミレーナ装着後、次のような副作用が起こることがあります。

・月経出血日数の延長  ・腹痛  ・月経時期以外の出血  ・自然脱出
・卵巣のう胞(通常はホルモン変化にともなる一時的なもの)
・月経周期の変化  ・LNG-IUS除去後の出血  など

ミレーナを適切に使用していただくために、
ミレーナの位置や出血の状況、効果などを確認する定期検診はとても重要です。
医師の指示に従い、必ず検診を受けてください。
通常の装着の1か月後、3か月後、6か月後、1年後、それ以降は状況に応じ1年に1回以上の検診となります。
装着時、検診予定表をお渡ししています。

 

ミレーナ参考ページ

子宮内黄体ホルモン放出システム ミレーナ®52mg

http://www.mirena.jp/index.html

 

pagetop