〒755-0031山口県宇部市常盤町2-1-44

初診予約はこちら
電話番号0836-21-2373
JR宇部線「琴芝駅」徒歩4分

プラセンタ外来 l 宇部市の産婦人科・婦人科|更年期障害・生理痛・生理不順など

ホーム院長紹介医院案内設備紹介交通アクセス

プラセンタ外来

初診予約はこちら
 
プラセンタ療法 Dr.法子の相談室 求人案内 プラセンタ化粧品サプリメント スタジオメニュー 針間産婦人科ブログ
Mobile Site
ホーム»  プラセンタ外来

プラセンタ療法

◆プラセンタとは?

『プラセンタ』とは、胎盤の事です。
おもしろいことに、動物では肉食動物のみならず、草食動物までもが出産後の自らの胎盤を食べるという事実も知られております。その理由はよく分っていませんが、栄養の豊富な胎盤が出産後の体力回復に役立つからだという説が有力です。
母親の体内で、1個の受精卵をわずか10ヶ月の間に約3kgまで成長するのに、この胎盤が重要な役割をしています。
ひとつは、お母さんから栄養や酵素を赤ちゃんに送り届ける働き、もうひとつは成長因子が細胞分裂を活発にし、胎児の細胞を各臓器へと作り変えていく働きです。
胎盤の成分は、必須アミノ酸を含む10数種類のアミノ酸、ビタミン、ミネラル、たんぱく質等150種類以上と言われています。
また細胞の若返りに必要な成長因子が、含まれているのも大きな特徴です。
この様に、プラセンタは新たな細胞を作り出すのに欠かせないもので、他の組織や臓器が含んでいないさまざまな活性物質を総合的に含んでいるのです。

◆主な薬理作用は?

  • 基礎代謝向上作用…基礎代謝の向上・新陳代謝の活性化で細胞や器官、臓器の活動を活性化させる。
  • 自律神経調整作用…自律神経のバランスを整える。
  • 強肝・解毒作用…肝臓の働きを強める。
  • 免疫賦活作用…免疫力を強化し、抵抗力を高める。
  • 抗炎症作用…炎症を抑え壊れた組織の修復を促進する。
  • 内分泌調整作用…内分泌系のバランスを整え、ホルモンバランスを調整する。
  • 活性酵素除去作用…活性酵素を除去し酸化を防ぐ。
  • 細胞分裂増殖作用…細胞の生まれ変わりを促進します。

◆治療例

婦人科
更年期障害・生理痛・生理不順・不妊症・冷え症など
皮膚科
肌荒れ・しみ・乾燥肌・脱毛症・アトピー性皮膚炎・水虫など
内科
肝炎・頭痛・貧血・十二指腸潰瘍・腎炎・高血圧・食欲不振など
整形外科
肩こり・五十肩・腰痛・ひざ痛・関節痛
歯科口腔科
歯槽膿漏・味覚低下・口内炎・舌炎・歯肉炎・インプラント後の創傷治癒促進など
神経科
自律神経失調症・うつ病・不眠症など
泌尿器科
夜尿症・膀胱炎・性欲低下など
眼科
眼精疲労・視力低下・アレルギー性結膜炎など
耳鼻科
耳鳴り・めまい・アレルギー性鼻炎・臭覚低下・メニエール病など

他にも・・・注射を受けている患者さんより
「元気になった」「風邪をひかなくなった」「色が白くなった」「シミが消えた」など様々なうれしい声をいただいています。

◆プラセンタの歴史

中国では約4000年前に「紫河車」という名で産後の回復や不妊症、生理不順の漢方薬の特効薬として服用されるほか、美容、強精、強肝、末期症状の蘇生薬として使用されています。日本では三大秘薬のひとつである「混元丹」に不老長寿の薬として使われ、現在科学的研究が進み、プラセンタのすばらしい働きが次々解明されてきました。

◆プラセンタ療法ってどんなものなの?

プラセンタ療法(胎盤療法)とは、プラセンタ(胎盤)から精製された『プラセンタエキス』を注射・内服によって体内に取り入れ、胎盤の持つ様々な効果を期待する療法です。
肝機能障害・更年期障害・精神症状・疲労回復・老化防止・美肌効果を発揮します。

□当院で使われる注射薬 □プラセンタサプリメント
メルスモン
メルスモンプレミアムカプセル
ヴィエックス30サプリ
1A 1,500円(税別)(更年期障害の方は保険がききます)

1箱425mg
(内容量35mg)×120カプセル
\14,000(税別)
1日4カプセルを目安にお召し上がりください。
(注射2本と同じ効果です)

1箱(30ml×10本)
\10,000(税別)
1日の目安は1本です

1週間に1回の接種から始めてみて下さい。
更年期障害の方は、毎日でも接種可能です。
認定健康食品(JHFA)マークの厳格な品質規格審査に合格した製品です。
濃縮プラセンタエキスが
12,000mg配合
(注射20本と同じ効果です)
メルスモン メルスモンプレミアムカプセル ヴィエックス30サプリ
「メルスモン」は厚生労働省の厳しい基準をクリアしており、安全性の高い薬品です。60年間余、感染の報告はなく、問題となる重篤な副作用はみられておりませんので、ご安心いただけると思います。 注射に抵抗のある方、通院間隔があく場合、特に疲れを感じる時のためなどに内服をおすすめいたします。
ドリンク、カプセルがあります。注射と併用することにより、更に効能・効果があります。

サプリメントは、単品での販売をしています。
詳しくはお問い合わせ下さい。
pagetop